トラブル後の治療

トラブル後の治療

トラブル後の治療

ムダ毛の除毛・脱毛処理をして肌トラブルを起こしたことがある方は多いのではないでしょうか?
カミソリのシェービングで誤って切り傷を作ってしまったり、毛抜きで処理をして毛穴が内出血を起こしてしまったという話もよく聞きますよね。
除毛・脱毛処理で重要なのはアフターケアと言われています。
せっかく綺麗にムダ毛を処理してもアフターケアがしっかりしていないと、余計に毛穴が目立ってしまう事もあります。

 

脱毛処理後に肌トラブルを起こしてしまった場合、なるべく早くケアすることが大切です。
軽いものであれば処理を中断することで元にもどりますが、放置しておくと手の施しようがないほど悪化してしまう事もあります。
そのため必ず自己処理を中止してなるべく皮膚科を受診するようにしましょう。
自己判断は禁物です。

 

ムダ毛処理のトラブルとして多いのがシェービングによるカミソリ負けです。
そもそも肌が弱い方はもちろんのこと、普段はカミソリ負けすることがないのにホルモンバランスや体調によってはかゆみや湿疹が出てしまう事もあります。
予防方法としては刃が肌に直接触れないようにシェービングクリームをしっかりと使いましょう。
石鹸などを使う方も多いようですが、あまりおすすめできないのでなるべく専用のシェービングクリームを使用してください。

 

軽いカミソリ負けをしてしまった場合は、市販の塗り薬を使用して治すことができます。
オロナインは炎症を抑える効果もあるので適しています。
間違えてもニキビ薬などは使用しないようにしてくださいね。

 

ひどいカミソリ負けの場合は皮膚科を受診してください。
ひどい物であれば、色素沈着を起こしてしまいます。
色素沈着は治すことが出来ないので、かなり注意が必要です。

 

注意が必要な肌トラブルには「毛嚢炎」というものもあります。
毛穴の奥にある「毛包」にばい菌が入り込み炎症を起こしてしまった状態です。
毛抜きでの処理後に多くみられます。
自然に治る場合もありますが、悪化してしまうと化膿してしまう事もあるので皮膚科での治療が必要となります。

 

治療をしても痕が残ってしまう事もあるので、トラブルを防ぐ事が重要です
ムダ毛がなくなっても肌が荒れていたり、湿疹が出ていたり黒ずんでしまっていては意味がありません。
ムダ毛もなくツルツルのお肌を保つためには、間違えた処理をしないことが大切です。
処理後は肌の保水や保湿をしっかりして、清潔に保つ事も忘れないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ