毛抜きで抜いてもいつまでも毛は生えます

毛抜きで抜いてもいつまでも毛は生えます

毛抜きで抜いてもいつまでも毛は生えます

ワキを毛抜きで抜き始めたのは中学生のころ。
うっすら生えて来た毛の事を母にも相談できず、友人との会話でさりげなくその話をしたら、そるとジョリジョリになるから抜いているという意見が多く、すぐ私も毛抜きで抜いてみると、これがハマるんですよね。

 

試験勉強に飽きたら抜く、学校から帰ったら抜く、やることがないときも抜く、そんな感じで毛抜きでのワキ毛抜きばかりやっていたのですが、
これは永久脱毛じゃないのはもちろんのこと、どんどん毛穴が大きく黒ずんでくるのです。
それをこれから毛が生えてくる準備段階なんだと思って、ずっと抜き続けてました。
その間、無理に抜こうとして毛穴が詰まったのか赤く化膿したことは何度もありました。
じきに治るので、それを繰り返していたのですが、今思うととても怖いですよね。
衛生的とはいいがたく、雑菌が入りやすいですからね。
その自己処理が悪かったのでしょう。私は現在きちんと脱毛専門のエステに行ってますが、
人前で半袖やノースリーブのワキをグイっと上げる勇気はありません。
ワキはプツプツと黒ずんだままなのですから。

 

思春期のお嬢さんがいるお母さんは、本人はなかなか親に言いにくかったりしますから、お母さんの方から、ワキの脱毛サロンをすすめてあげてほしいと思います。

妊娠中にエステで脱毛はしてもらえる?

妊娠によってムダ毛が濃くなってしまって悩んでいる人も多くいます。
自分だけではないかと悩んでいる人もいるかもしれませんが、ほとんどが一度は悩んだことなので安心してください。
妊婦健診の時に先生や看護師さんに見られるのが恥ずかしいと思ってムダ毛処理をする方もいらっしゃるようです。

 

妊娠中のムダ毛処理は安全なのでしょうか?
そもそも毛が濃くなってしまうのは、はっきり解明はされていませんがホルモンバランスの影響と考えられています。
そのため、肌が敏感になっていることもあり、今までカミソリ負けをした事がなくても、肌トラブルを起こす事もあるようです。
カミソリや毛抜きでの自己処理はあまりよくなさそうですね。

 

それでは、妊娠期間中にエステサロンで脱毛処理をしてもらう事はできるのでしょうか?
エステサロンでの脱毛はレーザーが主流なので、赤ちゃんに影響があるのではないか心配ですよね。
実際に影響があるとはっきりといわれているわけではないようですが、ほとんどのエステサロンでは施術はおこなっていないようです。

 

赤ちゃんへの影響の他、エステサロンでの脱毛は毛の生えてくる周期に合わせて脱毛します。
ホルモンバランスが崩れているので、周期も乱れてしまい効果が期待できないのだそうです。
サロンによっては本人が希望すると施術を行なってくれるところもあるようですが、効果も期待できないうえに肌トラブルに繋がる可能性があるといわれているので中止するのが良さそうですね。

 

永久脱毛の処理期間中に妊娠がわかった場合、回数や期限が決まっていないコースであれば産後に再開することもできるそうです。
せっかく契約したのですから、あきらめずにしっかりと相談してみてください。
妊娠中に濃くなってしまったムダ毛も多くが産後、元に戻るので同じコースでも問題ありませんよ。

 

妊娠中にエステサロンでの施術が出来ないからといって、自己処理をするのもあまりおすすめはできません。
産後元に戻る事がほとんどなので、途中であまり余計なことをしない方がいいです。
自己処理をしたら産後、毛が濃いままになってしまったり、肌トラブルを招いて色素沈着を起こしてしまう事もあるようです。

 

妊娠前からサロンで永久脱毛をしていた方は産後に再開、妊娠中に毛深くなった人は産後まで様子を見てみてください。
元に戻らないようであれば、自己処理やサロンでの処理をして、そうでなければ何もしないのが一番良いですよ。

妊娠によってムダ毛が濃くなる?

妊娠に伴って毛深くなってしまうのは多くの妊婦さんが経験する事です。
毛が濃い薄いというのは男性ホルモンと女性ホルモンの影響があるので、妊娠中にホルモンバランスが崩れる事で毛深くなってしまうのではないかといわれています。
逆に薄くなる人もいるようですが、お腹周りなどはほとんどの人が毛深くなります。

 

妊婦健診でお腹をみせるのが恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、毛深くなるのは当たり前なので産院の先生や看護師さんなどは気にしていないようです。
お腹周りが毛深くなるのは赤ちゃんを守るための防御反応ともいわれているので、むしろ神秘的と捉えてもよいかもしれませんね。
妊娠中は不安になりやすいので、ムダ毛が気になるかもしれませんが全く気にする必要はありません。

 

どうしても気になって、カミソリやシェーバーで処理する人もいるようですが、濃くなっているせいもあり剃った部分がチクチクとして赤くなってしまう事もあります。
毛抜きでの処理は痛みを伴いますし、妊娠していない場合でも毛穴にばい菌が入りやすくなってしまうので毛穴のトラブルになりかねません。
エステサロンでも妊娠期間中は施術を中止するところがほとんどです。

 

お腹が大きくなってきて、乾燥しがちになって妊娠線が出来てしまう人も多くいます。
そんな中、ムダ毛処理をするのは肌に負担がかかってしまうのはわかりますよね?
インターネット上で妊娠中のムダ毛について悩みを打ち明けている人がいますが、その解答の多くは「気にしなくても大丈夫」というものです。

 

逆にムダ毛がなくなってツルツルになる人もいます。
一人目は毛深くなったけど、二人目は薄くなったというように妊娠するたびに変わるようです。
妊娠に伴って毛が薄くなった場合、生まれてくる子供が毛深いといわれることもあるようですが、もちろん迷信ですので気にしないようにしましょう。
また、毛が薄くなった場合「男の子」が生まれてくるという迷信もあるようです。

 

体の変化が起こるので、なにか関わりがあると考えられるのでしょうね。
しかし不思議とほとんどの人が、産後は毛深いのもなくなっているようです。
薄かった人も元通りムダ毛処理が必要となります。
なんだか不思議ですね。

 

妊娠によってムダ毛が濃くなる事は多くの人が経験します。
そして産後は元に戻るという事。
こういった事を考えると妊娠期間中に無理にムダ毛の処理をする必要はなさそうですね。
短い期間しか体験できないので、楽しむという人もいらっしゃるようですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ